優美ちゃんとの熱い通話は延々と続けられたって感じでした。
人妻がエッチな声を出してくれる、それを聞く。
現在進行形のオナニーの声です。
実際に会っていないのにもかかわらず、とても高い興奮を感じます。
僕の指示に素直に従ってくれます。
何となく相手を支配している、そんな気分にもなれます。
優美ちゃんのアヘ声で、チンコがバリバリ勃起でした。
「今すごく硬くなっちゃってるんだ」
「本当に?」
「見てみる?」
「いいの?」
ビデオ通話に切り換えました。
「すごい…夫のより大きい…」
センズリ鑑賞をさせました。
そこからは、優美ちゃんの感じ方がまた変わってきました。
より激しく淫らなものになりました。
射精の瞬間も見せてやりました。

 

 優美ちゃんと10日後に待ち合わせになりました。
3回ほどテレセを楽しんでから、そしてセフレに昇格しました。
ホテルの室内で僕のチンコを見て「実物はもっと大きいね。コチコチになってる」って、楽しそうに手コキしながら言ってくれました。
「お口で気持ちよくして」
「うん、いいよ」
恭しくフェラを開始。
これがまたたまらない。
濃厚なフェラサービスが始まりました。
ラブホの室内で、最高のフェラ。
援デリと全く違うから最強って感じてしまいます。
かなりいっぱいフェラをやってもらい、今度は選手交代。
僕が優美ちゃんの肉体を責めまくり。
仔猫みたいな声出しながら、感じてくれる姿が超美味しい。
そのまま中に突っ込んで、ズボズボやりまくり。
優美ちゃんのオマンコで、2回戦楽しませてもらいました。

 

 ホ別いちごでアポした彩芽ちゃんと再開することになりました。
LINEに通知がやってきたのです。
給料前で断ろうと思っていたのですが、ホテル代だけで構わないと言うのです。
そうです!
タダマンです!
やりました!
ポヨポヨボディの彩芽ちゃんと、またまたラブホテルの中で2人きり。
挿入すればDカップのオッパイは、ぷるんぷるんと揺れまくり。
必死こいて彼女の肉体で快楽を味わえまくっていきました。